事業者ローンを組む方法|会社を存続する手立て

硬貨を積む人

海外旅行・ビジネス必需品

カード

海外旅行の必需品として定着しつつある海外プリペイドカードですが、ショッピング機能や現地通貨に両替できるので便利です。与信審査なくカードが作れます。また、長期滞在で複数回ATM利用する予定があるなら、なるべく手数料の安い業者でカードを作ることです。

簡単に申し込みができる

メンズ

ネットキャッシングを利用するときには、まずは業者選びからします。自分に合った業者を見つけたら、申し込みをして審査を受けます。この審査通過すれば振込依頼をすることで融資が受けられます。ここまで、すべて外出することなく自宅で済ませることも可能で、この手軽さがネットキャッシングのメリットです。

上手に活用する方法

お金

法人ならではのメリットを

会社を経営していると、必ず直面する問題に入金が遅れ支払日に支払いが困難になってしまう事態です。また、常日頃資金繰りに頭を悩ませている会社経営者も意外と多いものです。そこで、活用したいのが事業者に限って貸出を行っている事業者ローンです。消費者金融や銀行のカードローンは、安定した収入のある個人を対象として貸出を行っていますが、法人や事業者に対しては貸出を行っていないことがほとんどです。また、事業資金として使えるほど、多額の借り入れをすること自体難しいものです。そこでおすすめなのが、法人や事業者限定で貸出を行っている事業者ローンの活用です。事業者ローンは、総量規制の対象外なので、個人に借り入れがあったとしても借りることは可能です。理由は、法人や事業者に対して融資を行っているのであり、個人には貸出を一切おこなっていないからです。そのため、保証人を立てる必要はなく、担保もなくて大丈夫です。事業者ローンのおすすめの活用法は、いっときのつなぎ資金としての活用がいいでしょう。理由は、やはり公的機関から借りるよりも金利が高いことと、借りる金額が大きいからです。短期間で借りても借りる金額が大きいので、当然支払う利息は大きくなります。ので、事業を圧迫しないためにも、長期間の資金繰りとして活用するのは止めておきましょう。あくまでも、一時の支払いのためだけに活用するようにしましょう。例えば、税金の納付期限までに税金を納めたいので借りたいやビジネスチャンスが巡ってきたので借りたいなどのケースです。事実、事業者ローンを活用している法人や事業者の多くは、売掛金の入金遅れに対応するため・事業拡大のため・前払いして費用を抑えたいためなどさまざまなビジネスシーンで活用しています。

誰もが利用できるローン

主婦

カードローンは誰もが利用する一般的なローンとして確立していますが、主婦にとっては利用が難しいと考えられています。総量規制による問題で、収入がない専業主婦では消費者金融から借りることができません。しかし、例外を利用した抜け道で借りたり、対象外となる銀行を利用すれば借入することは可能です。